二日酔いで気持ち悪くなる原因

お酒は大好きだけど二日酔いのつらさはごめんだという方は多いのではないでしょうか。
二日酔いで気持ち悪くなる原因や対処法を考えてみましょう。

 

お酒を飲み過ぎてしまうと、どうして次の日に気持ちが悪くなってしまうのでしょうか。
それはアルコールを体が分解しようと一生懸命に働いているからなのです。
体がアルコールを分解するときにアセトアルデヒドという毒性を持つ成分が作り出されます。
このアセトアルデヒドが吐き気のもととなるのです。
アルコールが分解される場所は胃や小腸、そして肝臓です。
これらの場所でアセトアルデヒドが分泌されてしまうので気持ちが悪くなってしまうのです。
しかも、胃でアルコールが吸収されるときに、胃の中で杯をアルコールのダメージから守るために大量の胃液が分泌されます。
その胃液によって胃の粘膜が延焼して気持ちが悪くなることもあります。

二日酔いにならないお酒の飲み方

このような二日酔いの傾向を予防するためにはどうしたらよいのでしょうか。
簡単な方法は飲み過ぎないことですが、なかなか上手くはいかないことがあります。
そんなときに意識したいポイントは空腹にお酒を飲まないようにすることです。
胃が空腹だとアルコールが直接胃の粘膜に到達し、すぐに体に吸収され酔いやすくなってしまいます。
それで、まずは牛乳やチーズなど胃に膜を作ってくれる乳製品を食べるようにしましょう。
または炭水化物もアルコールの吸収を抑える働きをするのでお米などを胃に入れておくことも大切です。
お酒と一緒におつまみを食べることがありますが、そのおつまみを肝臓の働きをサポートするものとすることも吐き気を予防するためには重要です。
例えば、トマトやほっけ、ナメコなどが良いでしょう。
トマトやほっけは肝臓の機能を強化するタンパク質やビタミンCを豊富に含んでいますし、ナメコなどのねばねばしたおつまみは胃を保護するムチンという成分が大量に含まれています。
是非、これらを意識しながらお酒を飲むようにしましょう。

二日酔いで気持ち悪くなってしまったら

万が一次の日に二日酔いで気持ちが悪くなったときにはどうしたらよいでしょうか。
もし体が脱水症状を起こして吐き気がするなら、たっぷり水分補給をしてあげましょう。
ミネラルウォーターを飲むのでも良いですし、スポーツドリンクを飲むのでも良いでしょう。
脱水状態のときには利尿作用のあるコーヒーやお茶は飲まないようにしましょう。

 

二日酔いにならないようなお酒の飲み方を意識していきたいと思います。
しかし、もし二日酔いで気持ちが悪くなったときにはこれらの方法を試してみてください。