概要と効果

二日酔いの予防に効果的と言われているハイチオールCですが、実際にはどんな成分が含まれているのでしょうか。
ハイチオールCを上手く活用するための覚えておきたい飲み方も紹介します。

 

ハイチオールCというと美容に良いサプリメントというイメージがありますが、実は体の代謝を促す力が強いことから二日酔いの予防にも効果的と言われています。
どこでも手に入れやすいハイチオールCですが、必須アミノ酸が配合されており、二日酔いの原因と言われる活性酸素対策に効果的です。

 

ハイチオールCの中にはさらに活性酸素を除去する力の強いLシステインが含まれています。
このLシステインは肝臓がアルコールを分解する能力を促すグルタチオンと連携して働く性質があるので、二日酔いになりにくいと考えられています。
また、お酒をたくさん飲んだときと言うのは肝臓が弱りがちになりますが、ハイチオールCはその肝臓をサポートしたり、壊れた肝細胞を治したりするのに有効とも言われているのです。
二日酔いのときには体全体がだるくて倦怠感が強くなりますが、ハイチオールCは疲労回復にも力を発揮します。
特にLシステインは体の代謝能力を高めると期待されていますので、だるさを素早く解消することが可能なのです。
そして、Lシステインの大きな働きとして体の中の酵素の働きを活発化させるのでお酒を飲んだ後のだるさ解消に最適と言われています。

オススメの飲み方

ハイチオールCを効果的に服用するにはどうしたらよいのでしょうか。
ハイチオールCはサプリメントなので、食前でも食後でもいつでも飲むことが出来ます。
しかし、胃腸の調子があまり良くないときなどは何かを食べた後に飲むほうが胃に負担をかけないでしょう。
二日酔いを予防するためにおすすめな飲み方は、お酒を飲む40分ほど前に2錠飲むという方法です。
そうするとサプリメントが胃の中でしっかり溶けて体中に浸透しますので、お酒を飲むときには肝臓がアルコールを分解するのに一番良い状態になっていると期待出来ます。
具体的には肝臓の中でアルコール分解酵素とALDHという成分が増えて肝臓のパフォーマンスが高まっている状態になるのです。
そして、飲酒をした後にもハイチオールCを飲むことが出来るでしょう。
特に寝る前に飲むと、寝ている間に肝臓が働き続けるようにサポートしてくれたり、体の代謝を促してくれたりすると考えられます。
ハイチオールCを上手に活用しながら二日酔い予防をしっかり行っていきたいと思います。