概要と効果

コンビニやスーパーですぐに手に入れられるヘパリーゼは二日酔いに時の強い味方です。
では、ヘパリーゼがどうして効果的なのか、また二日酔いを予防するためにはヘパリーゼをいつ飲んだら良いのか考えてみましょう。

 

ヘパリーゼというのは肝臓の働きを助けてくれる栄養ドリンクです。
基本的にはヘパリーゼは滋養強壮を主な目的としている栄養ドリンクですが、肝臓の働きもサポートしてくれるので二日酔い予防に効果的と言われているのです。
特に二日酔いの原因となる脂肪肝を予防してくれる効果に注目されています。
ヘパリーゼが人気の理由として医薬品であるというポイントを挙げられます。
医薬品として指定されているので、二日酔いに有効な肝臓水解物やビタミン、そして生薬をしっかり配合することが出来ています。

 

ヘパリーゼの成分で特に注目したいのが肝臓水解物です。
あまり耳慣れない成分ですが、この肝臓水解物というのは食べたものの消化吸収効率を上げる性質があります。
つまりアルコールやおつまみをたくさん食べたとしてもそれをきちんと消化吸収出来るように助けてくれるのです。
肝臓水解物は天然の豚レバーに消化酵素を特殊な製法で加え、加水分解して作り出されます。
豚レバーから取り出された栄養成分を体に浸透しやすいようにアミノ酸やペプチドの形に変化されているのでより二日酔いに効果的なのです。
ヘパリーゼにはさらに肝臓の働きをしっかりと促していくウルソデオキシコール酸も配合されていますので覚えておきたいと思います。
そして、アルコールの代謝を助けてくれるビタミンB2も配合されているのもうれしいポイントです。
ビタミンB2は脂質をエネルギーとして燃やして中性脂肪が溜まるのを予防してくれます。

オススメの飲み方

ヘパリーゼはどんなタイミングで飲むのが一番良いのでしょうか。
二日酔いを予防するためには、お酒を飲む前に摂取するようにしましょう。
お酒やおつまみを飲む前にヘパリーゼを飲んでおくと二日酔いの症状の特に下痢の予防にも効果があると言われています。
ヘパリーゼを飲んでおくことによって肝臓がアルコールをしっかり分解する準備をすることがあります。
肝臓の準備が万端だと、お酒をたくさん飲んだとしても気分が悪くなったり吐き気を覚えたりする頻度を低くすることが出来るでしょう。

 

ヘパリーゼは肝機能を改善する働きがありますので、お酒を飲む前に飲むのを忘れないようにしましょう。
ただ、ヘパリーゼの機能はあくまでもサポートなのでお酒の飲み過ぎには気をつけましょう。