二日酔いで下痢になる原因

二日酔いに悩まされる人の中には下痢という症状に苦しむ人もいます。
どうして下痢になってしまうのか、また下痢を防ぎながらお酒を楽しむにはどうしたら良いのかをまとめてみました。

 

二日酔いで下痢になってしまう原因は胆汁にあります。
お酒を飲んだときと言うのは肝臓でアルコールが分解されていきますが、そのときに胆汁が肝臓の働きをサポートします。
しかし、大量のアルコールが摂取されると肝臓が必要な胆汁を得られなくなってしまい、オーバーヒート状態になってしまいます。
肝臓がオーバーヒート状態になると脂肪が肝臓のまわりに溜まってしまい、それらの脂肪が腸に流れ込んでしまうのです。
脂肪というのは消化されにくい成分なので下痢をしてしまうのです。

下痢にならないお酒の飲み方

あのつらい下痢という二日酔いの症状を防ぐためにはどんな予防法があるのでしょうか。
ビールを飲み過ぎないように気をつけましょう。
ビールというのはアミノ酸や有機酸を多く含んでおり、これらの成分は下痢を起こしやすい性質があります。
また、ビールのおつまみというのは揚げ物が多くなります。
唐揚げやポテトフライなどをついつい食べ過ぎてしまいますが、これらの揚げ物には腸が分解しにくい脂肪がたくさん含まれているのです。
それで、二日酔いの下痢の症状を促進してしまうことがあるのです。
焼酎やウイスキーなどの強いお酒を飲むときにはなるべくお湯割りにすることも下痢を予防するには効果的です。
冷えたものをたくさん飲むと下痢につながりやすくなってしまいますが、温かいお湯割りならそのリスクを減らせるでしょう。

下痢になってしまった時の対処法

下痢になってしまったときにはどうしたら良いのでしょうか。
気をつけていても下痢になることはありますが、そんなときには脱水症状にならないように気をつけましょう。
下痢のときには体液と一緒に分解されなかった脂肪が排出されますので体の水分量が一気に減ってしまいます。
アルコールを摂取したときにはただでさえ体内の水分量が減るわけですので、下痢になったときは普段以上に水分を補給するようにしましょう。
さらに胃と腸にやさしいしじみ汁やみそ汁などを食べるようにしましょう。
肝臓がアルコールを分解するのを助けるオルニチンの成分が下痢には有効と言われています。
さらに体の代謝を高め、お腹を温めるために半身浴をするのも効果的です。

 

これからは寒い時期に入っていきます。
それで、お酒を飲むときにはお腹を冷やさないように意識しながら二日酔い対策をしていきましょう。