二日酔いの症状別の原因と解消法

楽しくお酒を飲んでも次の日に頭がズキズキと痛んで二日酔いになってしまう事はありませんか。
二日酔いは細かく分けると色々な症状がありますが、それぞれの原因と解消法を考えてみましょう。

 

・アデノシン
まずはアデノシンと言われる頭が痛くなる症状です。
二日酔いでは典型的な症状となっていますが、その原因はアルコールによって血管が膨張しているからです。
血管が膨らみすぎて炎症を起こしているので頭が痛くなるのです。
解消法としては血管を収縮させる成分が含まれているコーヒーや牛乳を飲むようにしましょう。

 

・脱水症状
別の症状は脱水症状で、だるくなったり吐き気を覚えたりします。
アルコールというのは利尿作用があるので、アルコールを摂取したら水分補給が欠かせません。
スポーツドリンクをすぐに飲むようにしたり、塩分を補給するために朝食に味噌汁を飲んだりしましょう。

 

・低血糖症
低血糖症という症状が出ることもあり、この場合は筋肉痛になったりします。
アルコールは肝臓で分解されますが、アルコールの量が多いと肝臓はその分解にかかりっきりになり糖分を生産することが出来なくなります。
そうすると低血糖症なり筋肉痛になるのです。
そんなときには甘いコーヒーやオレンジジュースなどを飲むようにしましょう。

 

・アセトアルデヒド
吐き気を感じるならアセトアルデヒドが原因でしょう。
アセトアルデヒドは肝臓がアルコールを分解しているときに生み出す成分ですが、有毒物質なので体が拒否反応を起こします。
吐き気だけでは無く疲労感などもこのアセトアルデヒドが原因となっていることがあるのです。
そんなときには肝臓の働きをよくするシジミの味噌汁やゴマを多く使った料理を食べると良いでしょう。

 

・胃酸過多
二日酔いのときは胃の調子が悪いように感じますがそれは胃酸過多が原因です。
お酒が胃酸を必要以上に分泌してしまい、食欲が無くなったり下痢をしたりしてしまうのです。
胃酸過多によく効くのはショウガですので、ショウガ汁を飲んだり、吐き気を抑える薬を飲んだりしましょう。

 

・酸素不足
酸素不足も二日酔いの症状を悪化させます。
肝臓がフル稼働していると酸素の消費量も増えますので、酸素を大量に必要とする脳に十分な酸素が供給されなくなります。
そうすると頭が痛くなったり、だるくなったりするのです。
こんなときには高濃度酸素を吸ったり、炭酸水や水素水などを飲んだりすると良いでしょう。

 

・メタノール
醸造酒などにはメタノールが多く含まれていますが、このメタノールが二日酔いの原因になることもあります。
この場合は体からメタノールを排出するためにスポーツドリンクや水素水などを飲むようにしましょう。

 

二日酔いには色々な原因が関係しています。
ここに挙げた症状が自分に当てはまるならきちんと対策をして健康維持に励んでいきましょう。