二日酔いで頭が痛くなる原因

二日酔いの典型的な症状は頭痛ですが、その原因はどんなものなのでしょうか。
お酒を飲んだことを後悔する理由となる二日酔いですが、頭が痛くならないような飲み方や、二日酔いの対処法を調べ見ましょう。

 

二日酔いの時に頭が痛くなってしまう原因は、肝臓でアルコールが分解されるときに分泌されるアセトアルデヒドになります。
アセトアルデヒドというのはとても有害な成分ですが、通常は分泌されたとしても、すぐに酢酸や水、そして二酸化炭素に分解されて無害になります。
しかし、大量にアルコールを飲んだときと言うのはアセトアルデヒドも大量に分泌され、分解作業が追いつかなくなります。
そうすると、分解されないアセトアルデヒドが血液に乗って脳に集まります。
アセトアルデヒドをたくさん含んでいる血液というのは血管を膨らませ、脳の神経を刺激するので頭が痛くなってしまいます。

頭が痛くならないようにするお酒の飲み方

では、頭が痛くならないようなお酒の飲み方とはどのようなものなのでしょうか。
それは、お水をしっかり飲むという方法です。
お酒を飲みながら水分補給もしっかり行っていく必要があるのです。
そうすると体の中でアルコールが薄まりますし、アルコールを分解する作業がスムーズに進んでいくのです。
それで、ビールを飲んだ後に水を一杯飲んで、次のお酒に行くようにしましょう。
欧米では水を飲みながらワインを飲むお酒好きが多いのはこのような理由によるのです。
水をよく飲んだ方がたくさんの種類のお酒を楽しめるでしょ、という考え方の人が多いのです。
お水の量は、摂取したお酒の量と同じくらいと覚えておきましょう。

二日酔いで頭が痛くなってしまった時の対処法

気をつけていても次の日に二日酔いになって頭が痛くなったらどうしたらよいのでしょうか。
そんなときには最初で述べたアセトアルデヒドが分解されやすい状況を体の中に作ってあげることです。
そのためには、次の日にもやはり水を大量に飲んで血液の中のアセトアルデヒドを体の外に流すという方法が有効です。
また、アセトアルデヒドには血管を膨張させて頭痛を引き起こす作用がありますが、血管を収縮させるカフェインが含まれるコーヒーを飲むのも良い対処方法です。
ただ、コーヒーには利尿作用があるのでしっかり水分も補給してあげることを覚えておきましょう。
ウコンを摂り入れることも頭痛対策には有効です。
ウコンにはクルクミンとプペリンという肝臓の機能をサポートする成分がありますので二日酔い対策には効果的と言われています。

 

これからは忘年会や新年会など宴会が多くなる季節です。
ぜひ、これらの知識を参考にしながらお酒を楽しむようにしましょう。